お客様の声

■大阪府で旅行業(年商1億5千万 従業員6名)を経営されているY社長

やることをやったら、資金繰りが回り出しました」

ずっと資金繰りが悪く、自転車操業の状態でしたが、これが普通だと思っていました。

日々かなり業務に忙しくて、経理に手が回らない状態で、月次の資料も6ヶ月前の数字すら出ない状況でした。あまりにも資金が回らなくなったので、たまらずエーエスシーさんに資金繰りの相談に乗ってもらいました。

コンサルタントの遠藤先生に、まず月次決算が翌月に出る仕組みを作って頂きましたら、大きな赤字が出ていることがわかりました。早速次月以降の予算を立ててもらって、無駄な費用を削減したら2か月でこれ以上の赤字が止まりました。さらに資金繰り表で翌月の資金の入出金の予定を立てて、翌月末でいくら資金が足りないのか?を1か月前に把握できるよう指導して頂きました。

結局、それまでは経理が無茶苦茶で、何にも管理しないまま、ただ必要にせばまれてお金を出し入れしていたので、赤字垂れ流しでした。

資金繰り表を作ってお金を管理し、予算を立てて、月次を早くして利益を管理すればお金がまわるようになりました。

当たり前のことを当たり前にやれば、随分変わるものだと思いました。

本当にありがとうございました。

■兵庫県でサービス業(年商8千万 1店舗 従業員11名)を経営されているM社長

「経営計画書作成の指導を受けて、経営に対する見方が変わりました」

美容院を経営しています。新規出店による融資を受けるための経営計画書作成指導をお願いしました。


経営に対する考え方をとても重視され、お店の存在意義から、理念・ビジョン作成にとても時間をかけて
頂いたために、
単なる数字合わせの薄っぺらな計画書ではない、自分でも納得の経営計画書が出来て、
とても満足しております。

もちろん、銀行からもとても評価して頂き、銀行融資も考えていた以上のものがおりました。

何よりも経営に対する自分の考え方が180度変わり、これからの経営に自信がわいてきた事が
とても大きいです。今後は2店舗目に続き、3店舗、4店舗と出店して行くつもりです。

 今まで節税ばかり考えていた自分が、本当に馬鹿だったと思えるようになりました。

■大阪府で飲食業を経営(売上1億8000万 3店舗 従業員34名)されているD社長

「経営とは何かを教えて頂きました」

大阪府でレストランを3店舗経営しておりますが、競争激化で赤字が続き、資金繰りが悪化、
消費税の支払いも困るようになったので相談に行きました。


決算書を分析してもらったところ、ピンポイントでアドバイスを頂き、目から鱗でした。
その後は資金繰り表の作成や、経理
の体制の改善など実務的な指導と、将来のビジョンから事業計画作成の
指導までして頂いて
おります。


一時どうなるかと思って夜も眠れませんでしたが、今では将来の展望が見えてきました。
ありがとうございました。

■大阪府でサービス業を経営(年商3億5千万 25店舗)されているI社長

「不採算店を整理し、資金繰りが良くなりました」

10年程前よりマッサージ店をチェーン展開してきましたが、近年の価格競争等によって資金繰りが悪化し、
エーエスシーさんの無料相談の申し込みしました。

決算書を分析して頂き、状況を詳細に説明したところ、すぐに的を得た解決策を提示して頂きましたので、
すぐに契約させて
頂きました。

その後は、不採算店の処遇や資産の売却、銀行との交渉等にも立ち会って頂き、
お蔭様で3か月位で資金繰りの
目途が立ち、その後も継続してみてもらっています。

とても助かりました。ありがとうございました。

■大阪府で製造業(売上3億2千万 従業員32名)を経営されているN社長

「資金繰りが改善され、先が見えるようになりました」

数年前から売上が減少して経営がおかしくなり、資金繰りが苦しい状態が続いていました。
ネットで財務の専門家を探していたところ、ASCさんのホームページにたどり着き、無料相談を受けました。

他に何社かお会いしたのですが、ASCさんが一番親切で説得力があったので決めました。
まず会社の現状を分析してもらった後、資金繰りの悪くなった原因を納得の行くまで説明して頂きました。

さらに財務の考え方を一から教えて頂き、試算表と資金繰り表やその他、色々な表を使ったコンサルティングを受けて、先生と話し合いながらその通りにやって来ました。

わかった事は資金繰りの悪化原因は売上減少以外にたくさんあったのです。コンサルティングを受けて3〜4ヶ月後から資金繰りに変化が出て来て、5〜6ヶ月後からは、お金が回るようになりました。その後も継続的に指導を受けており、現在は来期の黒字達成の為の事業計画立案の作業を遠藤先生の指導を受けながら一緒に行っております。


本当にありがとうございます。

■大阪府で卸売業(売上8億 従業員43名)を経営されているS社長

「キャッシュフローが改善、黒字になり、銀行融資を受けることができました」

事業を始めて16年になります。毎月末になると、今月も乗り切れるのだろうかと思うくらい、
資金繰りに苦しんでいて、もう会社を閉めようかと悩んでいました。

それでも何か方策がないか?相談に乗ってくれる方を探していたところ、ネットでASCさんを知り、無料相談を受けました。財務改善のアドバイスを納得出来るまで丁寧に説明してくれました。

費用の支払いが、正直苦しかったのですが、背に腹は代えられないという思いで、コンサルティングをお願いすることにしました。

コンサルティング契約後、3ヶ月後からは徐々に資金繰りが良くなり、6ヶ月後位にはかなり改善しました。
そして1年半後には黒字化を達成、さらに銀行融資も受けることができるようになりました。

 


毎月お会いする際には、経営の正しい考え方も教えて頂き、経営に対する私の意識も変わってきました。
これからもよろしくお願いいたします。

■兵庫県で小売業(売上2億1千万 従業員14名)を経営されているO社長

「決算書の数字が読めるようになり、やっと経営を数字で考えるようになりました」

会社を始めて8年になりますが、経理は税理士さんに任せっきりで、月次決算の意味もわからず、試算表はほとんど見ていない状態でした。

経営の勉強会で講師をされていた遠藤先生と知り合い、月次決算の大切さを強調されていたのに、刺激を受けました。

個別相談を受けた後、試算表を分析するコースを受けることにしました。

毎月訪問時には、月次試算表を分析し、一つずつ丁寧に解説してくれます。また簿記の初歩の仕訳も会社のホワイトボードを使って丁寧に教えて下さいます。

現在で1年が経過しましたが、試算表が読めるようになり、資金繰り表も書けるようになりました。
私の苦手だった「経営を数字で考える」という意味がやっとわかって来ました。

おかげさまで経営がとてもやりがいのあることだとわかり、今後はさらに未来の事も考えて行きたいと考えております。本当に助かってます。

■京都府でサービス業(売上1億8千万 従業員27名)を経営されているT社長

「決算書がわかるようになって、経営が楽しくなりました」

会社を始めて以来、経理入力は社内で行い、税理士さんには月次のチェックと決算をお願いしていました。

試算表を見ても読み方がよくわからず、売上と税金だけに関心がある私は、何とか税金を減らす方法をいつも税理士さんに相談していました。

でもなぜ節税しているのに、お金がないのか?ずっと疑問に思っていました。
遠藤先生と出会い、毎月、決算書の仕組みを丁寧に説明してもらうようになって、この疑問が解消されました!

おかげさまで資金繰りも良くなり、お金が貯まるようになると、だいぶ経営が楽になりました。

まだまだですが、これからさらに勉強していこうと思っています。

■大阪府 卸売業 P社(売上16億 従業員46名)
 

2年前から親会社から分離して経営をしています。当初より資金繰りがずっと自転車操業の状態で、
毎日資金繰りソフトに入出金だけ入力して、なんとかしのいでいる状態でした。

ホームページを拝見して、「財務を根本から治す」というところが自社に合ってそうだと思ったので、ASCさんにお願いしました。

弊社は月次決算がほとんど出来ておらず、資金繰り表だけに頼っている状態でしたので、原因が全く分からない状態でした。

遠藤先生の指導で、まず月次決算からきちっと管理して行きましょうということになりました。

その後は資金繰りの悪化の原因を分析して、原因を取り除いて行くと、徐々に資金繰りが良くなって、6ヶ月後には融資に頼らなくても資金が回るようになりました。ありがとうございました。

■奈良県 建設業O社(年商7億 従業員28名)

資金繰りがずっと悪く、自転車操業の状態が続いていました。その原因として粗利が低いのはわかっていましたが、きちっとした部門別の会計をしていなかったり、経理がどんぶりだったので、はっきりとした原因がわかりませんでした。

ASCさんに依頼し、管理会計を導入。部門別の損益が出るようになり、経理の仕組みを改善することによって、資金繰りの悪化原因がわかるようになりました。

以後は、不採算部門の固定費の削減、本社部門の効率化によるコスト大幅削減により、黒字になり、資金繰りも改善されました。ありがとうございました。

 

お電話でのお問い合わせはこちら
06-6885-1563

受付時間 : 9:00〜18:00 平日


▲このページのトップに戻る