年商1億円、2億〜5億円の企業に資金繰りの問題解決が必要な理由

多くの中小企業では、企業規模が年商1億円、2億円〜5億円位達すると資金繰りの問題が生じて、成長がストップします。


会社は毎年人件費等の固定費が増大して行きますから 成長がストップすると会社は人件費等、固定費の増大をカバーできなくなるため儲からなくなり、赤字になります。そして赤字が続くとやがて継続不能になり、また資金繰りが悪化して倒産につながります。


つまり企業が存続できない原因は、まず資金繰りが原因で成長がストップし、最後は資金繰り悪化で終わる、つまり全ては「資金繰り」なのです。

逆に言えば「資金繰り」問題さえ解決できれば、少なくとも会社は未来に向かって継続し、
他の問題も解決すれば、さらに会社は存続・成長・発展することが出来るのです。

 

 

ただし、資金繰りは社長様1人で悩んでも絶対に解決しません。

なぜなら・・・

「資金繰り問題」は、様々な経営要素が絡み合って、その結果として資金繰り悪化につながっているからです。

ですから単純に融資先を見つけて終わりの問題ではありません。(計画なしに無理に融資を受けると、改善不能になる場合がありますのでお気をつけ下さい)

まず必要なことは、早急にその原因を調査して、資金繰り悪化の要因となるツボ(根本原因)を発見することです。そしてその後に改善のための対策を取ると言う手順で行います。


つまり、

資金繰り問題解決には「コツ」があるのです!


社長様! 資金繰りが悪化したら、1人で悩まずに、

「未来の財務問題解決の専門家」ASCにご相談下さい。

 

 そして・・・


「資金繰り解決」で、会社の未来を変えましょう! 


業績アップ画像.jpg

▲このページのトップに戻る