〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島6丁目2-3 チサン第7新大阪420号

【コロナウイルス対策】無料相談実施中

無料相談受付中
受付時間:9:00~17:00
定休日 :土曜・日曜・祝日

お見積り依頼やご相談はお気軽に

0120-005-163

代表者プロフィール

遠藤 信行 プロフィール

肩書・資格

経営コンサルタント
戦略財務コンサルタント
ファイナンシャル・プランナー(AFP)
シニア・ライフ・コンサルタント(生命保険協会)
日本商工会議所簿記1級

 

経歴

1984年3月大阪経済大学経済学部卒業 公認会計士受験のため5年間のフリーター生活を経て1989年8月 中央新光監査法人(後の中央青山監査法人)入所。その後、TKC系経営税務会計事務所、貿易商社財務経理部長、資材製造業経理部幹部、経営コンサルティング会社等を経て、2002年  1 1月 有限会社エーエスシー設立 代表取締役就任 現在18期目継続中

所属

大阪商工会議所
納税協会
日本ファイナンシャル・プランナーズ協会
大阪簿記会計学協会
社団法人心学明誠舎(石田梅岩)

プライベート

【座右の銘】
「自利利他」「ピンチはチャンスなり」

【尊敬する人物】
石田梅岩 二宮尊徳 渋沢栄一 中村天風 松下幸之助
ピーター・F・ドラッカー 一倉定


【座右の書】
「経営者の条件」「マネジメントー課題、責任、実践ー」(ピーター・F・ドラッカー)「道はひらく」(松下幸之助)「生き方」「稲盛和夫の実学(会計と経営)」(稲盛和夫)「思考は現実化する」(ナポレオン・ヒル)「7つの習慣」(スティーブン・R・コヴイー)他

【趣味その他】                       (血液型・星座)A型・双子座 (動物)猫派(犬も好きです)  (趣味)読書・絵を観ること・パワースポット巡り(伊勢神宮と鞍馬寺が特にオススメ)(食べ物)嫌いな食べ物なし・居酒屋大好きも,コロナでやむなく家飲み派に(スポーツ)ウオーキング・体幹トレーニング(特技) 人の話を聞くこと・3秒で決算書の欠点を見抜くこと(悩み) 趣味の時間がなかなかとれないこと(口癖)中小企業の決算書が良くなれば日本はもっと良くなる   

ごあいさつ

 

弊社のホームページにお越しくださいまして誠にありがとうございます。

私は有限会社エーエスシーの代表をしております遠藤信行と申します。

 

まずはじめに私の自己紹介をさせていただきます。

私は大阪市で生まれ大阪府茨木市で育ちました。ずっと大阪です。

父親はずっと会社員でしたが、父方は祖父の時代(父が子供の頃)まで兵庫県で商売人でした。母方は昔から今も大阪で商売人の家系です。

子供の頃、父親から「家業が祖父の時代に潰れてその後の悲惨だった生活」の話を何度も聞かされて育ちました。

子供心に「なぜ家業が潰れたのか?母方の商売は続いているのになぜ?」ということにずっと疑問を持ちつつ育ち、特に大学の時になって大学図書館等で色々な本を読みあさるなどして調べているうちに、「会社が倒産すると、皆その後の生活は一変する。オーナー一族はもとより社員も取引先も関係するところが全部」「会社が倒産するとオーナー自身の家族はもとりより、そもそも社会に迷惑をかける」「事業をするということは社会に貢献すると同時に、倒産によって社会に迷惑をかける危険性もはらんでいる」「しかもほとんどの会社はいつか倒産する」 そこで私がたどり着いた結論は「会社が倒産せず永続的に繁栄するための経営ノウハウというものがあるのだろうか?あれば習得したい」「これを知れば何か社会に貢献できるかもしれない」でした。という当時の私には途方もないと思われたことを考えたことがそもそもの出発点でした。


経営ノウハウ習得の第一歩としてまず「会計を理解すれば経営の理解に近づくのでは」と考え、1984年大学卒業後、親の止めるのも聞かずに当初「会計の専門家」を志し、5年間色々な現場の仕事をしつつ(当時フリーターという言葉がありませんでしたが、今でいうフリーターです)、食うや食わずの状態で、地べたを這いずり廻りながら難関の公認会計士試験の勉強した後、日本の4大監査法人の一つである大手監査法人に入所。数年間上場企業・大企業の会計監査や、株式公開支援コンサルティング業務を行いました。

その後、TKC系経営税務会計事務所(所員約30名)で顧問先約35件を持って中小・小規模企業の会計税務担当を行った後、中小貿易商社(社員約25名)、中堅包装資材製造業(社員350名超)で経理財務責任者クラスを担当しながら財務改革と経営改革を実行しました。企業財務経理部門在職時は都銀、地銀、信金などとの銀行交渉を何度も経験しました。この時の経験で今でも銀行の考えていることは手にとるようにわかります。またその後、事業再生専門の経営コンサルタント先生の下で事業再生企業数十社で実際に事業再生を行いながら財務・経営のノウハウと実践力を磨きました。この時も銀行等金融機関と多くの交渉の場を持ちました。もちろんこの間、順調で綺麗に終わった仕事はほとんどなく、言葉では言い尽くせないような会社の主に裏側の修羅場のような仕事をいくつも体験をさせていただきました。これらの経験が全部その後の私の肥やしとなっております。

監査法人入所から13年、おかげ様で多くの方のお世話になりながら、大企業・中堅企業・中小企業・小企業の内側と外側から会社の経営を勉強させて頂いたことと、自分でも色々と研究・学習した結果、当初からの課題である「会社を倒産させずに永続的に繁栄させるノウハウのようなもの」が、やっと見えてきました。今度はこれを世の中の中小企業の経営者の方々に伝えることこそが諸先輩の方々への恩返しであり、これからの自分の役割であると考えて独立を決意しました。

2002年(平成14年)11月18日に独立して有限会社エーエスシーを設立しました。

有限会社エーエスシー開業後は「B/S(貸借対照表)・P/L(損益計算書)から導かれる分析数字と現場で経営改善する経営コンサルタント」「会社の財務戦略を構築する戦略財務コンサルタント」「会社の内側と外側を知る企業財務・資金調達・経営のプロ」「小規模企業の赤字再生の専門家」等として、現在まで約17年活動するとともに、途中誰もが嫌がりなかなか広く普及しない簿記会計をわかりやすく解説して世間に広めたいとの想いから、大学や専門学校、各種公共機関で簿記会計や会計実務の講師業も行い、また現在では経営者様個人向けFP(ファイナンシャルプランニング)業務や法人保険コンサルティング、さらに年間約200件の経営相談業務を受けさせていただいております。

 

中小企業の決算書が良くなれば日本はもっと良くなる!

これは私の口癖です。

私は日本の中小企業が良くなれば、日本はもっともっとよくなると考えています。決算書というのは企業の現在の状況を表したいわば「会社の鏡」のようなものです。

中小企業が良くなるということは、中小企業の決算書が良くなるということです。しかし現実に中小企業の決算書で合格点がつけられる決算書はほんのわずかしかありません。それだけ全般的に中小企業の業績・財務内容は悪いということです。

ですから私は、日本を良くするためには中小企業の決算書がもっともっと良くならないといけないと考えているのです。というとこれはとんでもなく難しいこととお考えかもしれませんが、全くそんなことはありません。これは事業の大変さに比べればほんのちょっとしたことである、『社長の財務に対する知識と考え方と専門家の指導で変わる』のです。

 

本当に日本の中小企業は、全般的に財務体質が甚だ脆弱です。

中小企業のうち特に社員20人以下の小規模企業となるとさらに弱くなります。しかしながら日本はこのような社員20人以下の小規模企業の数が全体の約85パーセントを占めているのです。いわば一番底辺で日本経済を支えているのが社員20人以下の小規模企業だと言えます。

 

大企業は株式を発行することにより資金調達ができますが、中小企業の資金調達といえば、ほとんどの場合銀行融資に頼っているのが現状です。

しかし本当にそれで良いのでしょうか?

現在まで多くの中小企業・小規模企業のコンサルティングを行った経験上、会社の基本となる財務を強化することが、中小企業・小規模企業にとっては、最も大切だと痛感しております。

しかし残念なことに、ほとんどの中小企業・小規模企業はその「ノウハウ」を持ち合わせておられませんし、一般にこの分野での専門家と言われる税理士・会計士の中でもそのノウハウをお持ちの方がとても少ないのが現状です。

私ども有限会社エーエスシーの一番の強みは「資金繰り再生のノウハウ」「資金戦略・財務戦略のノウハウ」「財務体質改善のノウハウ」「赤字再生のノウハウ」「社長の数字力強化指導のノウハウ」「経理の効率的仕組み構築のノウハウ」等をクライアント様にご提供できることです。

財務が改善強化されると、会社はちょっとやそっとの風が吹いてもつぶれない会社になり、長期にわたって繁栄する可能性が高まります。

会社が長期にわたって永続的に繁栄すると、会社は多くの雇用を生み、また社員は安心して働くことができます。

有限会社エーエスシーはコンサルティング事業により、中小企業が良くなるお手伝いをさせて頂いております。

 

最後になりましたが、『経営や財務にはすべて原理原則があります

残念なことにこれらは日本の高校・大学では教えてくれません。国家資格試験でも教えてくれません。           

しかし「原理原則」は存在します。

この「原理原則」はそれを探し求めてきた人間にしかわかりません。

 

そして『原理原則から外れた経営は必ずいつか破たんする』

というのが私のこれまでの研究と経験で得た結論です。

 

日本の中小企業がますます繁栄していくことを切に願っております。

 

ご縁があって弊社のホームページをご覧いただきましてありがとうございました。もし自社のことで何か気になることがございましたら、どんなことでも結構ですので一度お問合せください。

事業経営をされている代表者の方でしたら、法人・個人を問わず2時間無料の「無料相談」受けていただくことができます。

ご連絡をお待ちしております。

今後とも私ども有限会社エーエスシーをどうぞよろしくお願い申し上げます。

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

0120-005-163
受付時間
9:00~17:00
定休日
土曜・日曜・祝日