〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島6丁目2-3 チサン第7新大阪420号

【コロナウイルス対策】無料相談実施中

無料相談受付中
受付時間:9:00~17:00
定休日 :土曜・日曜・祝日

お見積り依頼やご相談はお気軽に

0120-005-163

お客さまの声

当社のサービスをご利用いただいたお客さまの声をご紹介します。

将来のビジョンが見えました

大阪府で飲食業のD社長さま(男性)売上1億8,000万円 3店舗 従業員24名

大阪府でレストランを3店舗経営していますが、競争激化で赤字が続き、資金繰りが悪化していく一方で、消費税の支払いにも困るようになりました。このままでは倒産してしまうと思い、相談に行きました。

決算書を持参し分析してもらったところ、ピンポイントでアドバイスを頂きました。具体的なアドバイスとしては、資金繰り表の作成や経理の体制の改善、将来のビジョンから事業計画作成の指導までして頂きました。

一時はどうなるかと思って夜も眠れませんでしたが、今では将来の展望が見えてきました。ありがとうございました。

 

メッセージ

D社長さまがご相談に来られたときは、資金繰りの悪化が続き心身ともに疲弊された状態でした。まず決算書を拝見して、その分析とヒアリングで資金繰りが悪化した原因をつかみました。次に翌月の資金繰り表(日繰り表)をD社長さまと一緒に作成しました。経理体制もできておらず、試算表がすぐに出ない状態でしたのでここも改善しました。またD社長さまの今後の目標を聞き出しながら経営改善計画書を一緒に作成し、これを元に銀行と交渉してとりあえず1,000万融資を受けることができました。とにかく目の前の資金繰りが改善されるとD社長さまの顔色は少しよくなりました。消費税の支払いもできて一安心しました。まだ融資を受けれる状態で、早めの相談をして頂いたことが良い結果となりました。この度はご相談して頂きまして、ありがとうございました。今後も引き続き計画を達成できますよう心からお祈りいたします。

資金繰りが改善し、ホッとしました

大阪府で製造業のN社長さま(男性)売上3億2,000万円 従業員32名

数年前から売上が減少して、資金繰りが苦しい状態が続いていました。インターネットで資金繰りの専門家を探していたところ、エーエスシーさんのホームページにたどり着き、無料相談を受けました。

他にも何社かお会いしたのですが、エーエスシーさんが一番親切で説得力があったので決めました。まず会社の現状を分析してもらった後、資金繰りの悪くなった原因を納得するまで説明して頂きました。さらに財務の考え方を一から教えて頂き、試算表と資金繰り表やその他、色々な表を使ったコンサルティングを受けて、話し合いながらその通りにやって来ました。

資金繰り悪化の原因は、売上減少以外にたくさんあったのです。コンサルティングを受けて3~4ヶ月後から資金繰りに変化が出て来て、5~6ヶ月後からは、お金が回るようになりました。その後も継続的にコンサルティングを受けており、現在は来期の黒字達成のための事業計画立案作業を行っております。

メッセージ

N社長さまがご相談されてに来られたときは、売上が減少したこと以外に、売掛金の回収も遅くて余計資金繰りが悪化していました。お得意先との交渉で売掛金の回収を早めると同時に、支払い先にはお願いするなどして支払いサイトの引き延ばしも行いました。ムダな経費を削減することにより、固定費を下げることで利益が出る体制を作りました。あとは銀行と交渉して融資を引き出すことよって当面の資金繰りは改善しました。N社長さまには試算表の読み方や資金繰り表の作成方法をお伝えしました。最初はなかなかご理解頂けなかったようですが、粘り強くコンサルティングを続けていくうちに、ご理解頂けるようになりました。社長さまご自身が数字を読むことができることは経営する上ではとても重要です。今回の件で、N社長さまに数字を読む重要さをご理解して頂けたことがとても良かったです。この度はご相談頂きまして、ありがとうございました。

経営を数字で考えるようになりました!

兵庫県で小売業のO社長さま(男性)売上2億1,000万円 従業員14名

会社を始めて8年になります。経理は税理士さんに任せっきりで、月次決算の意味もわからず、試算表はほとんど見ていない状態でした。

あるとき、決算書の読み方セミナーで講師をされていた遠藤先生のお話をお聞きしてとても勉強になりました。

セミナー後の個別相談を受けて、マンツーマンで決算書を読むコースを受けることにしました。毎月会社に来てもらい、月次試算表を分析して一つずつ丁寧に解説してもらいます。また簿記の初歩の仕訳もホワイトボードを使って丁寧に教えて下さいます。

現在で1年が経過しましたが、今では試算表が読めるようになり、資金繰り表も書けるようになりました。
私の苦手だった「経営を数字で考える」という意味がやっとわかってきました。
 

おかげさまで経営がとてもやりがいのあることだとわかり、今後はさらに未来の事も考えて行きたいと
考えております。本当に助かってます。

メッセージ

O社長さまが当社主催の決算書の読み方セミナーにご参加された時、特に熱心に質問をされてこられました。ご自身が会社の数字を読めないことに危機感を持たれ、個別相談後にコンサルティングを受けられました。

「経営を数字で考えることがいかに大事であるのか」の考えを前提に、決算書の読み方や資金繰り表の作成方法などをお伝えしました。最初はなかなか理解することが難しいご様子でしたが、1年後には決算書を読めて自社の資金繰り表を作成することができるようになりました。「経営を数字で考えること」ができると、将来の経営を考えるのが楽しくなります。この度はご相談頂きまして、ありがとうございました。

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

0120-005-163
受付時間
9:00~17:00
定休日
土曜・日曜・祝日